海外Wi-Fiレンタルを予約する

2019-01-27

台湾はフリーWi-Fiが少ないよ、と知人に言われて、海外Wi-Fiレンタルを申し込みました。実際に行ってみると、公共施設や地下鉄、空港、ホテルではWi-Fiが使えたんですが、Wi-Fiレンタルしとくと安心感があります。

イモトの WiFi かグローバルWiFi か

他にもメーカーはありますが、有名なのはイモトの WiFi とグローバルWiFi 。料金的にはどこもだいたい同じです。公式サイトを見ると、それぞれに得意な国があるようなので、口コミなどを参考にして選ぶといいかも。

私が参考にしたのは、価格.comの海外Wi-Fiレンタル比較

最終的に グローバルWiFi をレンタルしたんですが、溜まっていた楽天ポイントでレンタル代金を払ったので、ちょっと得した気分です。

レンタル保険は必要か?

私は加入しましたが、あとから考えると?と思うことも。とうのも別途で加入した海外旅行保険のサイトを見ていると、圧倒的に保険利用はレンタルWi-Fiの故障が多いんです。海外旅行保険で賄えるのなら、こっちの保険には加入しなくてもよかったかも。

九ふんに行くなら、レンタル&保険は必須!

台北市内は無料Wi-Fiがあちこちにありますが、山間部に行くと当然ですが圏外。しかも、千と千尋の神隠しの舞台として有名となった九ふんは雨が多いことで有名。

我が家が訪れたときも雨でしたが、ガイドさん曰く、これでもましな方とか。前日は嵐のような暴風雨で、下着まで濡れてしまった人もいたとか。カバンの中もびしょびしょになると…レンタルした Wi-Fi が水浸しになる恐れも。

重さと大きさにも注意が必要!

我が家がレンタルしたものは、電子辞書ぐらいの大きさと重さがありました。パッケージごと持ち歩くと文庫本より大きいです。新書サイズ。

初日はパッケージごと持ち歩きましたが、2日目以降はWIFI本体だけ。持参したプチプチ(包装用)に包んでカバンに入れていました。

空港では旅行者が使える Wi-Fi に申し込もう

うっかりしていると申込忘れてしまうのが、下記のWi-Fi 。
台北では事前にネットからも申し込める台北市政府が提供しているフリーWiFiサービス TPE-Free WiFi がありますが、空港で申し込む「iTaiwan」では、この TPE-Free WiFi も接続できます。

台湾の空港で登録申請可能!外国人旅行者向けWiFi「iTaiwan」

事前に日本でも登録可能ですが、 空港内のツーリストサービスセンター(旅客服務中心)に行って、ID有効化をしないと使えません。入国便にもよりますが、手続きは簡単なので、現地で全て手続きしても数分です。パスポートが必要となります。事前申請を行うときには、 http://itaiwan.gov.tw/にアクセスして登録を行います。

セブンイレブンやファミリーマート、マクドナルドなどでも
WiFi は使えるので、 Wi-Fi レンタルをしなくても、頑張れるといえば頑張れます。

フリー WiFi のセキュリティ対策は?

セキュリティソフトを入れておくと安心です。としか言いようがないです。実は私のスマホはスマホ決済やクレジット機能を付けてないので、セキュリティソフトを入れてませんでした。戻ってきてから意味不明な英文メールが大量に来ています。台湾のせいではないと思うのですが、やっぱり入れておけば良かった(;^_^A

台湾 Wi-Fi のcheckpoint!

レンタルする場合は、海外保険に加入していれば、レンタル品の保険も網羅している場合も。その場合はレンタルで保険加入の必要はなくなります。事前に確認が必要!

結構重いので、こまめに街中の 無料Wi-Fi を使えば、レンタルは必要ないかも。個人のスキルの問題ですが。心配性のおばさん(つまり私)はレンタルしてよかったです。

ただし、 レンタルWi-Fi は家族で1つで済む分、離れると使えなくなります。一度、娘がひとりでうろうろしていたとき、連絡がつかずに焦りました。

スポンサーリンク