就職活動は「やりがい」「わくわく」「ドキドキ」に注意!新卒しか入れない会社を目指してほしい親心。

街でリクルートスーツの学生を見かけます。就職活動をしていると、だんだん疲れてきて、考えがぶれてしまうことも。複数から内定をもらったら、どこを受けていいかわからなかったら、まずは大手、老舗から受けていくことをお勧めします。新卒でしか入れない会社に入ってほしいです、

中途でも入れる会社に新卒で入る意味

就職活動をしていて希望する大手に受からなくて、じゃあと思ったときに、OB(OG)訪問で出会った中小企業がキラキラ輝いて見えることがあります。だいたい、ドキドキを大切にとか、わくわくする仕事をしよう、とか、自分オリジナルとか、ちょっとネットワーク系の言葉が社訓に入っていたりします。

働いている先輩も熱くていい人だし、ここなら「自分らしく」働けると早々に就職活動をリタイヤ、周りが大企業に決めるなかで、自分らしさを貫いたりします。わかります、私もそうでした。でも、その会社、中途採用で苦戦してませんか?

新卒で入って「生え抜き」と言われて出世する会社ならいいのですが、だいたいそういう会社は、人の出入りが激しく、出世するのは大企業から中途で(というか、スカウトで)入ってきた人だったりもします。

で、自分も途中でステップアップと転職したりします。だったら、最初は新卒でしか入れない会社を目指してほしいです。

中小企業に就職した私の場合…

入社して一番困ったのは、上司です。私が入社した当時はPCが導入される時期でしたが、手作業にこだわりを持つ上司でした。10年後には全社員がPCを打つ時代が来るとは彼はちっとも想像していませんでした。

優秀な上司や尊敬できる同期がいるかどうか、楽しい面白いだけでは続かないのが仕事です。

結局、私は数年で辞めてしまい、全てが中途半端なスキルとなってしまいました。大手に入社した友だちは半年かけてビジネスマナーやPCの基礎知識を教わったときいて、「最初は大手」と思ったことを覚えています。

今は時代が違うよっていう声もあるけど…

でも、やっぱり優秀な人が集まるところを最初は目指したほうがいいと。会社を選ぶときは、その会社の中途採用の求人状況を確認してほしいです。

スポンサーリンク