出世する男性の見極め方 中小企業で社内恋愛するなら、こんな男性・チェックポイント

〇〇ホールディングが大流行している昨今、以前なら部長職と呼ばれる職務内容でも、肩書が社長だったりします。以前同じフロアに3人の社長がいる会社もありました。実際に一番偉い社長は誰?と悩んでしまうことも。

さて、社内恋愛するのであれば、社長になりそうな男性を探したいところ。最近、出世した男性を見ていて、共通点を感じたので、まとめてみました。

出世する男性の特徴 ①社長や取締役と似ている

大企業は別です。中規模の会社でも生え抜き社長でなく天下り社長が来るとこも別。たたき上げの社員が出世する会社は、雰囲気の似ている人が出世します。

出世する男性の特徴 ②社風や社訓にマッチしている。

①と似てますが、いくつもの会社を渡り歩くと、会社によって出世する人の雰囲気が違うことがわかります。逆にいえば、社風に合わないと出世しないということです。女性の雰囲気も会社によって全く異なります。とくに営業アシスタントは全く違います。女性の場合、自分と似た雰囲気の女性が多い職場であれば、男性とも相性がいいと思います。たぶん、採用の基準が違うんだと。

出世する男性の特徴 ③こぎれいでインスタ映えする容姿を持っている。

かなしいけど、男性も容姿が物言う時代です。ハンサムである必要はありませんが、肌がきれいで歯がきれい、スーツが似合っていて…つまり、青学マラソンの原監督みたいな人です。テレビに出てもそつなく話せそうなタイプ。ZOZOタウンの前澤社長も自分が広告塔になってます。写真を撮るときに、自然とポーズができる、そんな抜け目なさもこれからの時代では必要かも。

出世する男性の特徴 ④ フットワークが軽い人

あちこちの勉強会に参加して、セミナーにも参加。経営者の飲み会があると聞けば顔を出し、とにかく外の出る。誰が出世するのは分からないので、誰とでも失点なくコミュニケーションをとる脳力が必要となります。当たり障りのない自分エピソードをもっていて、誰からも興味を持たれるというのも大切なこと。

世する男性の特徴 ⑤ 失点をしない人

出る杭は打たれるのが日本社会。目立ちすぎても目立たなくてもダメです。失点を押さえるためには、-になりそうなところには近づかないという嗅覚が…。

ちょっとやばそうな女子には寄らない。
つぶれそうな案件・トラブルになりそうな事案は避ける

出世しそうな男性を落とす方法って?

野心のある男性は社内の女子社員には手を出さないと思います。もし、恋愛関係に持ち込めるとしたら、出世なんて考える前の入社2年目ぐらいか、すでに出世競争が終わった40代か。

出世しそうな男性は集まって固まる傾向があるので、ひとりと「友達」になって、集団で遊ぶというのもいいかも。

よく聞くのは、社内テニスサークルとかスキーサークルとか?

ただし、

出世しそうな男性は、出世に役立つ女性を選ぶ傾向にあります。

  • 海外赴任の可能性も考えて、語学堪能
  • コミュニケーション能力が高く話題が豊富
  • 上司の奥様方に好かれそうなスペックや容姿
  • 生涯働ける資格やスペックを持っている

さて、優良物件と近づいても相手にされない危険性も。かれらは非常に冷酷なんです。

スポンサーリンク