時期なので、中学受験でツカレ親にならないために ② 鶏口牛後

中学受験は、だいたいの子は小3の2月に入塾します。途中から入ってくる子は、学校になんらかの問題(いじめ等)があって地域の中学に通いたくないとか、習い事の関係とか、が普通ですが、中には、あえて小4夏とか、小5の2月に通塾を始める子もいます。親の戦略ですね。

家庭教師や個別で数学や国語の力を身に着けて、短期間に一気に理科社会を勉強しようという作戦のようです。こうした親は、塾の最上位クラスに入ることをあえて望まなかったりもします。

鶏口となるも牛後となるなかれ

入塾するまで、親は子をこう考えています。

・ラストスパートで行けるタイプ
・暗記能力が高い
・プライドも高く努力家

なので、最後の1年で死に物狂いで勉強すれば上位に追いつけるはずだと。実際に、こうした親は子の勉強を家で的確に見ていたり、多くの子がひっかかる数学問題を集中的に勉強していたりするので、すぐに受験の波に乗り、難関校に合格したりします。

親も途中から入ったこともあり、はじめは純難関ぐらいを狙っていたりするので、塾のクラスを無理に上げたりもせず、鶏口牛後で劣等感なく受験に望めたりもします。

問題なのは入学してからです。

難関校の授業はペースが速い

自分のペースで勉強を進めてきた子は、難関校の授業ペースについて行けない子も多いです。周りにいるのは、塾の上位クラスで切磋琢磨してきた子。あえて言わせていただくと、「泣きながら歯を食いしばり」小3の2月から上位をキープしてきた子たちです。

また、中学受験塾は幅広く授業を行っています。ほぼ、中学の学習範囲を網羅。繰り返し同じところを学ぶスパイラル方式は一見すると効率的ではありませんが、細かな知識まで体にしみこませることができます。

短期決戦で理科社会を詰め込んだ子は、どうしても基礎知識に穴が多くなってしまいます。

 

志望校対策で入った子の悲劇

また、短期で合格を勝ち取るために、志望校に特化した勉強をして合格すると、入学後にできない、わからない、が多くなります。

 

基礎学力は十分あっても、学校に通えない

入学して3か月もすると、どの子が優秀なのか、どの子がいまいちなのかがわかるように。優秀でプライドも高く努力家な子が、「あんまり勉強ができない子」の分類に耐えられるかどうか。

前を走ってる子を追いかけても追いかけても…という状態に心が折れてしまうことも。

全員が全員というわけでなく、たまたま重なったのかもしれませんが、中学受験の短期決戦はリスクも大きいです。うちの子は上位にいるほうが伸びる…と思っていても、難関校合格が目の前にあると、どうしてもツカレてしまうのが中学受験の怖いところ。

不思議と難関チャレンジで残念、2番手で…という子のほうが学校生活を楽しめて大学も…というケースが多いです。

スポンサーリンク