新しい派遣先が決まりました。スタートは2か月後。

昨日の午前中、新しい派遣先の面談に行き、無事決まりました。今の契約が終了したあとの勤務開始になるので、少し就労初日を待っていただくことに。

時給は1800円、フルタイム勤務なので、年収は単純計算で300万ちょっとということでした。最初、この年収を聞いたとき、あれ、ひとり親手当がもらえなくなっちゃうのか、と思いました。

たしか、年収200万円台だったような。

 

児童育成手当(育成)の場合

月に児童1人につき:13,500円もらえる児童育成手当。足立区のHPによると下記が所得制限です。

所得限度額表

扶養人数 所得制限額
0人 3,604,000円
1人 3,984,000円
2人 4,364,000円
3人 4,744,000円
4人 5,124,000円
5人以降 1人増えるごとに380,000円加算

足立区サイトより

児童扶養手当

これより金額が大きいのが児童扶養手当。これも足立区サイトの情報ですが、他区でも同じ金額かと覆います。

 

*平成30年4月分から、下記のとおり改定となりました。

1人目の児童

2人目の児童

3人目以降の児童

全部支給

42,500円

10,040円

6,020円

一部支給

10,030円から42.490円

5,020円から10,030円

3,010円から6,010円

 

この手当の所得制限が下記。

 

所得限度額表

扶養人数

申請者(全部支給)

申請者(一部支給)

扶養義務者・配偶者

0人

490,000円

1,920,000円

2,360,000円

1人

870,000円

2,300,000円

2,740,000円

2人

1250,000円

2,680,000円

3,120,000円

3人

1,630,000円

3,060,000円

3,500,000円

4人

2,010,000円

3,440,000円

3,880,000円

5人以降

1人増えるごとに
380,000円加算

1人増えるごとに
380,000円加算

1人増えるごとに
380,000円加算

★扶養義務者とは申請者と同居している直系血族(父母、祖父母、子、孫など)および兄弟姉妹のことです。
★所得限度額を超過した場合の当該年度の児童扶養手当は支給停止となります。
(支給停止とは児童扶養手当の受給資格を持っている状態で手当の支給が停止されている状態をいいます。

 

時給1800円のフルタイムだと、この上限を超えてしまいそう。なので、最初は惜しいけど、しかたないよね、と思っていました。

助成金をあてにして生活が前に進まなくなってしまった人を知っています。助成金をあてにして仕事量を減らすというのは、シングルマザーの場合は危険というのが実感。

稼ぎのいい旦那さんがいる人が扶養控除内で働きたいというのとは、違うんですよね。

さて、300万ぐらいの収入ではまだまだ厳しいのに・・・と思っていたら、いろいろな控除があることがわかりました。

これです。

  • 社会保険料相当額(一律控除)80,000円
  • 勤労学生控除270,000円
  • 寡婦(夫)控除270,000円(父または母の場合は控除しない)

寡婦特別控除350,000円(母の場合は控除しない)

(父または母に代わって児童を養育している方や扶養義務者が未婚のひとり親の場合には、「寡婦(夫)控除」が適用されたものとしてみなすことができる場合があります。詳しくはお問い合わせください。)

  • 障害者控除270,000円
  • 障害者特別控除400,000円
  • 雑損控除・医療費控除・小規模企業共済等掛金控除・配偶者特別控除・公共用地取得に
  • よる土地代金等の特別控除については、それぞれの控除相当額

 

うちの場合、一律の控除と、寡婦特別控除が使えるようです。この(母の場合は控除しない)はよくわからないんですが、特別寡婦というのは、

 

  1. 夫と死別又は離婚した人。
  2. 扶養親族である子がいる人。
  3. 合計所得金額が500万円以下であること

ということなので。年末申告書類で学びました。。

 

 

というわけで、収入が300万を超えても、なんとかひとり親世帯の優遇はあるようです。来年度は今年の収入がベースになるので問題なし、さ来年度はよく考えると、子も高校三年です。控除が減ってもいいでしょう。その次の年は子は大学生の予定。

 

こちらも控除なしでも生活できるよう頑張らねば!

アラフィフでも仕事はすぐに決まる!

これは私が特別だからとかでなく、本当に人手不足なんだと思います。コールセンターは厳しいから嫌、電車に乗りたくない、3時間以上働きたくない、とか言わなければ、仕事はあります。

スポンサーリンク