UR賃貸への入居を考えている方へ 入居後の感想

2018-08-25

いろいろ部屋を探して、結果的にUR賃貸に落ち着きました。入居しての感想を…

 

築年数は古くても、中は綺麗!

それほど新しいUR賃貸ではないのですが、室内はとても綺麗です。入居時には老眼ということもあってリニューアルしたのかと勘違いしていたキッチンやお風呂も、入居してみると小さな傷があり、前任者が使っていたものだということがわかりました。

それでも、水回りは綺麗に掃除してあるし、フィルターなどは新しくなっています。同程度の民間賃貸よりもリニュアル度は高いです。

グレードの高い製品が設置されているわけではないのですが、低いものでもないという、微妙な水回り。不便は全くないので、家賃と立地び利便性を考えるれば、これ以上を望むのは強欲かも。

 

6畳でも広さが違う

賃貸マンションの6畳和室とURの6畳和室では広さが違います。まず、畳の大きさが違う。6畳だから狭いと思わないで、かならず内見することをお勧めします。

「うちの家族構成だと、狭いかも??」と見るまえに断念してしまうのは勿体ないです。

 

入居者もいたって普通

って、言い方は変ですが。入居前は民間に比較して審査が緩い(年間一括払いであれば、ほぼ無審査)ということもあり、民泊利用が多いとか普通に家を借りられない人が多いとか、ネット上には様々な書き込みがありましたが、今のところ、ふつーの会社員さんや働いている人がほとんどです。日本人以外の人も住んでますが、エレベーターで乗り合わせれば挨拶してくれるし、ごくごく普通の家族さんです。

 

嬉しい誤算…管理組合がない?

管理組合、物件よってはあるのかもしれませんが、今回入居したURでは、入居早々にピンポーンはなかったです。私の入居前の妄想URは、入居するとすぐにマンションの管理組合の人がやってきて、すぐに集会みたいなところに連れていかれて、挨拶したり、掃除当番の説明があったり、離婚の理由を聞かれたり…という面倒なところでしたが、

全くないです。

普通のマンションよりさっぱりです。

URに決まる前に内見していたマンションは大家さんが同じマンションに住んでいたり近くにいたりの物件ばかりだったので、たぶん、そっちに入るより気楽に生活できていると思います。

ネットで空きゼロのUR物件もそれなりに退去する人がいる。

ネットの公式サイトでは空き室の出ない物件ですが、入居してみると、引っ越しして出ていく人入ってくる人がそれなりにいます。

JKK東京の物件もそうだったんですが、管理事務所に人は空き状態を把握しています。気になる物件があったら、URに直接行って空きが出たら教えてもらうようにするのも手ですが、現地の管理事務所の人に聞いてみるのもいいと思います。

 

管理費の安さと更新料がないのも魅力

まだ、入居したて。これから気になることも出てくるのかもしれませんが、今のところ快適です。

 

誤算はエアコンと電気とネット環境

エアコンは1台だけだったので。照明もついていないので部屋数分必要でした。ネット環境もちょっとお金がかかりました。

 

次もURかJKK東京

想像していたより気楽で住みやすいので、次もURかJKK東京がいいな、と今から思ってます。アラフィフなので、次に引っ越すときは70代。民間はまず無理でしょう。今回、離婚後の民間の不動産探しが大変だったんで、高齢になったらもっと大変でしょう。もう民間賃貸は探さないかも。借りるなら公的なところがいいです、心の底から思います。

 

 

 

スポンサーリンク