新居カーテン探しの旅 引っ越しはお金がかかる

新婚のときは、高級カーテンを購入したんですが、あれから年月が経ち、高級カーテンも薄汚れています。今回も最初はオーダーと思っていたんですが…

まずはニトリでカーテン探し

結局、いろいろあって3か所のニトリでカーテンを見ました。地域差が大きいです。ぶっちゃけヤンキー系の多いエリアとお上品風エリアとでは、カーテン売り場の配置が違います。売れ筋のカーテンが違うからだと。

最初に行ったニトリはダーク系が人気のエリアだったようで、娘も濃い色や柄の強いカーテンを選んでいました。さすがに10代の娘が選ぶものじゃないよね、っていう。

いったん、やめて他のショップに移行。

 

おしゃれタウンのカーテンショールームで目を肥やす

ネット検索したら、カーテン専門店のショールームがヒットしたので、少し足を延ばして自由が丘へ。敷居は高かったですが、カーテン専門店のショールームへ行きました。購入を検討している人がショップの人とカーテン見本を見ていました。

ここで高級品を見たことで、娘が我に返りました。(良かった)。黒やグレーベースのカーテンは高級品でないとマンションのモデルルームのような感じにはならないんですよね。

また、置いてあるカーテン見本のセンスが良く、どういうカーテンを置くと、どんな感じになるか、ちょっとわかったようです。

ただ、今回は家具もチープになりそうなので、ここのカーテンは合わないだろうな、と。リビングだけ豪華も考えましたが、いろいろ出費もあるので、ニトリでいいやってことに。

 

別のニトリでカーテン購入

2件目のニトリは、1件目とはカーテンの配置が違っていて、娘が選ぶカーテンも最初とはかなり変わってきました。生成り風のカーテンをリビングに、他の部屋のカーテンも当初のよりはかなりナチュラルな色をセレクトして、終了。

 

本当はオーダーがよかったー

最初はカーテンだけは、奮発してオーダーでと考えていました。特にリビング。だけど、入居までに間に合いそうもないのと、娘がカーテンは安くていい、と言い出して。

引っ越しで思っていた以上にお金がかかっているので、ここは仕方ないです。今回引っ越す部屋は窓が多いので、カーテンも大量に購入しなければならず。それでもニトリのカーテンや異常に安いです。178×100を4つ購入しましたが、1万円ちょっと。値段を気にせずに選べるのはいいです。

本当はあと2セット必要なんですが。ちょっと採寸に自信がない窓のカーテンは引っ越しした日にマンション近くのニトリで購入することに。目星だけつけて。

 

話題の大塚家具は探すも見つからず

ちょうどニュースで大塚家具(娘のほう)が身売りか、とあったので、「そういえば新宿にあったな」と家電を見に池袋に行った帰りに寄ってみましたが、見つけることができず。ちょっと見てみたかったので、残念。

 

 

それにしても、お風呂用品とかトイレ用品とか洗濯用品とかも買わないと…。気持ち悪いぐらいお金が出ていくので、節約ですね、当分。

スポンサーリンク