道を歩いて暴力団に無理やりナンパのニュースで日本の治安を悩む

2018-07-03

家探しをしていると、そのエリアの治安が気になります。ただ、どんなに気を付けていても、これじゃしょうがないというニュースが。暴力団事務所は住宅地にある我が家の近くにもひっそりとあります。どこにでもあるといっても過言ではなく。歩いているだけで暗黒街とつながるなんて。

 

どんなに気を付けても気を付けても

このニュースは3日前のもの。ナンパというより連れ去り未遂?

暴力団の事務所の近くを歩いていた女性を「ナンパ」しようとしたとして、千葉県警が指定暴力団稲川会傘下の組員3人に対し、暴力団対策法に基づく中止命令を出したことが30日、捜査関係者への取材でわかった。事務所周辺での乱暴な言動で市民に不安を感じさせることを禁じた規定に基づくもので、ナンパへの中止命令は全国初という。

捜査関係者によると、中止命令を出されたのは、千葉県内に拠点を置く稲川会系の2組織の40~70代の幹部組員ら3人。5月中旬、千葉市中央区にある組事務所の近くで20代の女性の腕を引っ張り、「電話番号を教えろ。今から言う番号にかけてくれ」などと要求。立ちふさがったりにらみつけたりして電話をかけさせ、女性の電話番号を入手したとされる。命令は6月1日付。

朝日新聞デジタル

 

電話番号を聞いた3人の組幹部がこのあとどうしようと思っていたのかは不明ですが、電話番号を入手して、それだけで済むはずもなく。

暴力団とつながったことで、いろんなことに「同意した」ことにされてしまう可能性も。警察に駆け込まなかったらどんな災いがあったかと思うと、そら恐ろしいです。

治安のいい場所・いい時間帯でも100%の安心はない

 

治安の悪い場所では、若い女の子は被害にあわないために自己防衛します。信号待ちをしていた女子高生がワンボックスカーに連れ去られたというニュースがあると、横断歩道の先頭に並ばず信号待ちは道路から離れたところにするとか、夕方コンビニにいって危ない目にあった子の話を聞けば、コンビニに近寄らないようにするとか。

ところが最近は、夕方にスポーツジムの帰りに拉致された痛ましい事件があったように、いつどこが安全なのかわからなくなっています。

外国人労働者が流入すると治安が悪化するという説がありましたが、こうした事件を起こしているのは日本で生まれ育った人なので、それはあまり関係ないのかも。

 

部屋探しをしていると、もし近所や同じマンションに怪し人がいたら…という話になって。危険と思ったらすぐに引っ越ししてね、って友人に言われましたが、引っ越し代にかかる費用を考えると、そんなすぐには…。

 

部屋探しに男性を雇って同行させる案

女性だけで部屋探しをすると危険が多いし舐められるので、男性を同行させたほうが安全と言われました。が、てごろな人材がいない。便利屋さんを雇うのはお金がかかるし。近くの大学生にアルバイト料でも払ったらとか、会社の人はとか、いろいろ言われましたが。その人がストーカーになったらどうする?とか。

 

まだ籍の入っている夫を同行させる?

だと、、離婚する意味すら曖昧になるので、まあないです。

 

スポンサーリンク