主婦の在宅バイトの定番・テスト添削はブラック?

初めて採点したテストは民間のテストで、某公立高校のもの。在宅の主婦が採点しているとテストを受けている高校生は知ってるのかしら、先生かプロが採点してると思ってるよね。

添削バイトは大きく分けて2種類ある

転職のアルバイトを分類すると、2つに分かれます。

  • 学校内で行われる外部テストの添削
  • Z会、公文、ベネッセ、ドラゼミ、学研など大手企業が募集している学校外テスト添削

どちらをするかで採用基準が異なります。

 

学校内テストの採点

バイト要員は公園やPTAでスカウト

求人サイトにも「テスト採点の内職募集!」とたまに出てます。しかし、私がやっていたところは紹介で入った人ばかりでした。テスト採点業者はそれぞれのエリアのリーダー家庭にテスト採点の仕事を下ろします。すると、そのリーダーが近隣に住む主婦にテスト採点業務を分けるという仕組みです。

数学や理科、社会は答えが一つ(解き方が複数のときもありますが)なので採点希望者も多く、記述の採点が難しい国語は希望者が少なく常に人手不足でした。

リーダーは、公園やPTAで「この人!」と思った人をスカウト。小さな子どもの育児か介護があって外で働けない真面目でコツコツした人を探してるみたいです。

私も何度も声をかけてもらいましたが(それも複数のリーダーさんに)、うっかりした性格なので向かないと思い、断っていました。

 

うっかり採点バイトを受けてドツボにはまる

さて、子どもが小学校に上がったとき、何気なく行ったランチ会で採点バイトを誘われ、何人かでやってみようということに。ずっと断っていたのに、流れで受けてしまいました。

仕事の流れとしては、メール(今ならライン)で連絡が来たら、リーダー宅にテスト用紙を受け取りに行き、採点基準を確認して、納期を確認。ベテランさんは翌朝に採点済のテストを納品。新人(私)は納期に余裕のある仕事をあげるね、と言われ、2日後納期。

つまり、お昼ごろにテストの束をもらい、ほぼ徹夜で採点して翌朝の納品という仕事。テストは汚してはいけないので、台所の片隅で採点というわけにも行かず、汚れないように片付けたテーブルで失くさないように周囲を片付けて採点。

公立中学の偏差値の出るテストを採点していたので、間違えると、その子の志望校が大きく変わってしまう…間違ってはいけない、というプレッシャーが半端ないです。

 

初めてのバイト収入は月5000円。

結構、頑張りました。でも5000円。内職としてはかなり良いと言われました。が、育児や介護で外に出れない人向けの仕事だとは思いますが、やっぱり安い。

また、独特の仲間意識があって、報酬よりもボランティア的やりがいとなってる人も多くいました。安くても他に代わる人がいないから辞められない、という責任感で続けてる人も。

次に紹介するベネッセや駿台の添削バイトに比べると、時給換算では、かなり安いです。

 

 

大手企業が募集している学校外テスト添削

赤ペン先生と呼ばれるのが、ベネッセや駿台など、大手の添削。テストの採点もありますが、ワークと呼ばれる宿題の添削がほとんどです。

生徒も小学校1年生から高校3年までと幅広く、学年によって採点の難易度も大きく変わります。

 

募集は公式サイトで

アルバイト情報のサイトでの募集もありますが、人気の小学校低学年数学や理科は一般の情報サイトに掲載される前に決まってしまいます。

例えば、ベネッセの進研ゼミの場合は、募集サイトで告知のあったときにしか応募できません。

募集サイト

ベネッセスタッフ募集について

書類審査と面接、筆記テスト

募集サイトをこまめにチェックし、募集があれば応募。この時に、あまり科目にこだわる必要はありません。数学で応募しても、あとで国語に移ることもできます。

まずは書類審査に通ることが大切。WEBからの応募時にはテスト問題や論文を添付するときもあります。

面接まで進むと、本当にやる気があるのかがポイントに。納期までにミスのない納品をすることが必須のバイトなので、面接がかなり重要なようです。

この面接時に筆記テストもあります。

私も受けているのですが、ベネッセ本社で面接でした。

 

決まっても大きく仕事が来るとは限らない

はじめは添削の量は少ないです。この少ない時期にいかにミスのない良い添削ができるかが、その後の仕事量を決めます。

昔は手書きでしたが、今は小学校低学年以外は、ネット採点だと思います。書き損じなどはないので、ミスのない採点と的確なコメントが求められます。

 

報酬は7万円の月もあれば2万円の月も。

報酬は出来高制なので、一枚いくら。多く仕事をこなせば月給も上がります。通信講座に入会する3月ごろや夏休み後に仕事量が増える傾向があるようです。

自分の子どももそうですが、入会直後はしっかりやっても溜めてしまい、夏休みに慌ててという子が多いよう。

スタッフになるまでが狭き門なので、なってしまえば仕事もたくさんと考えがちですが、こちらが暇なときに仕事が来なかったりで、思うようにはならない面もあります。

 

採点バイトは内職と割り切り、家庭の事情が変わったら外へ。

良い仕事であるんですが、同じ時間、外で働いたほうがお金にはなります。採点バイトは、家にいないといけない人向けの仕事です。

外に出る仕事が決まったら、副職として採点バイトをしている人も多いです。仕事量を自分で決められるので、少な目に受ければ負担にもなりません。

メインの仕事がだめになったときには、採点バイトを増やせばいいので、一度採用されるとやめる人は少ないです。だから募集も少ないんですよね。

スポンサーリンク