宝くじで高額当選という妄想でも不幸な結末ばかり思いつく

離婚後の生活でかかる費用を計算してたら、びっくりするぐらいお金が必要で。宝くじとBIGを買ってしまいました。高額当選の使い道を妄想してみたら、結末が不幸ばかり。自分のネガティブさを再認識します。

 

宝くじで高額当選しても高級住宅地には住めない

もし高額当選したら…7億でも10億でも当たったら…という妄想で、まず考えるのは家のこと。離婚後の住まいは賃貸で探している私ですが、5億超えるお金が手に入ったら、マンションか家を買っちゃうでしょう。ここから不幸な妄想が…

高級住宅地に家を買う

田園調布には代々のお金持ちがいて住み込みの家政婦さんがいたりお手伝いさんがいたりもします。もし家を買ったら、話すのは、「夏の別荘(海外)にいつ行く?」とか「高学歴の子ども&孫の話」とか「家系図」とかでしょうか。

お金持ちって、自分の家系図の話、好きです。先祖は戦国大名だったとか華族だったとか。

きっと、近所付き合いができず、引きこもりになるでしょう。

高級住宅地にマンションを買う

白金とか麻布とかに高級マンション。でも、高層マンションではなく、低層3階建てぐらいなのに今セルジュがいて駅にも近いという超高級マンションは、10億円では住めないということが判明。マンション価格が10憶なんだそうで、生活費がなくなっちゃいます。

、日本の高級住宅地には、選ばれし大金持ちだけが手に入れることができる「夢の住処」がある。次ページにズラリと並んでいるのは、今売り出し中の最低でも5億円を超える都内の豪邸の数々だ

「週刊現代」2016年12月10日号よりからの抜粋ですが、

普通の生活をしていたら、一生に一度足を踏み入れられるかどうかもわからない超豪邸を手に入れた人々。だが、住む前に思い描いていた暮らしと、現実とが一致するとは限らない

と結んでありますが、事業で成功したお金持ちの話なので、それほど不幸な感じもありません。

本当に大変なのは、宝くじとか遺産とかで、こうしたマンションに紛れ込んでしまった人。高級自動車に高級ワイン、高級別荘…まあ、10憶では足りないです。

 

高級住宅地の周辺に家かマンションを

かなり現実的な妄想。1億ぐらいの家を購入して、車を買い…。金銭的にはなんとかなり、預貯金も残せそう。

しかし、この妄想にも不幸な結末に。

高級住宅地の周辺の住宅地もそれなりに高く、住んでいるのは、親が金持ちの会社員、自営業者、医者、社宅暮らしでお金を貯めた銀行員、商社マン、それに地主一族。

こうしたエリアの高齢者向けデイサービスに行ったことがありますが、会話の中心は、大きく分けると、

  • 「子どもと孫の学歴自慢」
  • 「海外旅行の思い出」
  • 「仕事での失敗談」
  • 「お金がかかる趣味の話」

どれかに参加しないと、話ができません。

で、こうしたエリアに住むと、子どもや孫を小学校から私立に入れようと躍起になり、夏冬は海外旅行、テニスやゴルフを楽しみ…と結構なお金がかかる生活が待ってます。

生涯で考えると、10憶では足りないです。

 

高額当選しても、今と同じ金額の賃貸を探す?

高額当選の手引きには、大きな金額が手に入っても、誰にも言わず、生活も変えず、とありますが、そんなこと、できるんでしょうか。

浮かれて、失敗する予感しかないです。

宝くじの税金は非課税

宝くじには税金はかかりません。なので、10憶当たれば、10憶入ってきます。しかし、子どもに分けようとすると贈与税がかかります。わからないように少しずつ渡せばと考えてしまいますが、金額が大きいですからね。

贈与の非課税枠年間110万までは無税なので、10年で1100万、20年で2200万までは非課税で贈与できます。今50代ですから、平均寿命から考えると、3000円万ぐらいは非課税贈与できそうです。

 

で、こんな記事を見つけました。

覚えておきたいのが、10億円当選したら、税務署に一生その情報は残されているということ。

どこからそんな情報が税務署に伝わっているのかとういうと、高額資金が動いたら金融機関から税務署に情報が行くことになっている。
つまり、相続が発生するまで当選者は監視されているというわけだ。

年末ジャンボ宝くじ10億円 高額当選したら税務署が一生チェック 宝くじと税金より

なるほど。

この記事によると、宝くじを仲間で共同購入した場合、一人で受け取りに行くと、残りのメンバーに贈与税がかかる可能性があるとのこと。

受け取りは全員で行かないとトラブルに。

 

高額当選は家族で受取人に

じゃ、娘と二人で受取人になればいいのか、とも思いましたが、高校生の娘が数億というお金を苦労もせずに手にしたら、人生が狂うのは目に見えています。

じゃ、やっぱり私だけか…と

宝くじの妄想で時間をつぶす

まだ購入しただけなのに、妄想が広がり、しかも、どれもあまり幸せじゃない妄想という、宝くじあるあるで頭の中がいっぱいになった私。

宝くじとBIGを購入した昨日は、他にもやることがいっぱいあるのに…とかなり後悔な一日となりました。

スポンサーリンク