50才・初めてのコールセンター

2018-04-27

募集案件多数・コールセンターの選び方

 

未経験・学歴不問・年齢不問と大きく採用の門を開いているコールセンター。でも実際に採用されるのは若い子なんじゃと思ってる方もいるのでは?大丈夫です。50才過ぎていても採用されます。

私がコールセンターで初めて採用されたのは、51才のときでした。声の仕事なので、体力は関係ないし。人生経験が豊富な分、商材によっては若い子よりも高評価を得ることも。

通常のオフィスワークよりも時給もいいし、働く時間を選べるので、短い時間でがっちり働きたい人に向いている仕事です。私も最初は1日3時間だけ働いていました。

 

インバウンドかアウトバウンドか、相手は個人か法人化で仕事内容が異なる

コールセンターの仕事内容は大きく分けると2つ。掛かってくる電話に対応する「インバウンド(受信業務)」と、営業などの電話をかけるアウトバウンド(発信業務)。そしてインバウンドもアウトバウンドも電話の相手が個人か法人かによって仕事内容が大きく異なります。

 

インバウンド業務って案外身近で、「あー、あれね」って思い当たる仕事です。テレビショッピングで電話注文するとき、パソコン操作がわからなくて電話で聞くとき、旅行の予約をするとき、などに電話対応してくれる人は、だいたいコールセンターの人。

主なインバウンド業務

  • 通販サイトの商品注文
  • クレジットカードのお客様窓口
  • 事故対応の電話窓口
  • パソコンなどのお問い合わせ窓口
  • チケットの予約センター

電話をかけてくる人は詳しい情報を求めているので、こうした仕事をするには、それなりの研修が必要です。また、電話してくる人の求めるものをすぐに判断する適応力も必要です。この業務のよいところは、必要がある人しか電話してこないところ。要件がある人との会話なので、「苦情係」といった特殊業務でなければ、それほどストレスもありません。

 

アウトバンド業務は俗にいう営業代行業務。テレアポと呼ばれる商品を売り込み営業に代わってアポイントを取る仕事、アンケートや特定の商品の売り込みなどがあります。家にいると、不動産やお墓、不用品の買い取りなど、様々な電話がかかってきます。あれもアウトバウンド業務の一つです。または基幹システムやネット広告などを営業の代わりに企業に売り込む仕事も。

主なアウトバウンド

  • 不動産など商品の売り込み
  • アンケート
  • 営業代行(テレアポ)

こちらから電話をかけるので、ガチャ切りされたり怒られたりもあるアウトバンド業務。とくに個人向けのアウトバンドは強い心臓が必要です。個人向けのアウトバンドは報奨金(インセンティブ)が付くことも多く、インバウンドよりも時給も高く設定されています。

初めてのコールセンター・仕事の選び方!

東京近郊でコールセンター業務を探すときは、どこの場所でするのかも重要です。基本的に新宿や渋谷、池袋などを勤務先とするセンターは時給が高く、住宅地近くのコールセンターは時給が低めです。介護や育児などで長く働けない人が家近くの仕事を探すので、住宅地は応募しても人があつまりやすく、都心部のほうが人が集まりにくい傾向にあります。

いろいろなコールセンターで働いている人に聞きましたが、時給の安いところは融通が利きやすく、子どもが熱を出したとか急な予定でも休みやすく、時給の高いところはシフトががっちりできていて休みにくいようです。

  • 5時間以上働くのなら都心部で。
  • 3時間程度働くなら自宅近くで。

 

インバウンドとアウトバンドのどちらがいいかは、個人の好みが大きいよう。スクリプトと呼ばれるトークマニュアルがあり、その通りの読めばいいので、あまりフリートーク術は必要とされませんが、「会話が得意」「営業経験がある」という人は、テレアポと呼ばれるアウトバウンドが向いているかもしれません。気楽に働きたいのであれば、通販サイトなどのインバウンド業務がおすすめです。

コールセンター・50才以上の採用事情

50才からコールセンターで働きだしたわけですが、最初のセンターを退職して、次を探しているとき、大手の派遣会社に登録しました。複数の案件に応募しましたが、採用されませんでした。年齢でないです、と派遣の担当者さん。良い条件のコールセンターは応募が多いらしく、かなりの高スペックの方も来るようです。ただ、1か月程度、応募しているうちに次の仕事が決まったので、あきらめずに応募し続けていると、なんとかなります。

実際に働いてみると、50代どころか、60代以上の方も大勢いました。声の仕事なので、扱う商材によっては、60代ぐらいの人のほうが声に真実味があるような。経験がなくても若くなくても採用されるのがコールセンターのいいところだと思います。

 

コールセンターで働いてみて

コールセンターのメリット

  • 年齢に関係なく採用される
  • 時給がいい
  • シフトの自由度が高い
  • 服装が比較的自由

 

コールセンターのデメリット

  • 正社員採用が少ない
  • たまにクレーマーにぶつかる
  • テレアポ業務はアポイントが取れないと気まずい

 

時給がいいので働いてみたけど、アポイントが取れなかったりクレーム対応につかれて、やめてしまう人もおおいんですよね。

クレームはちょっと、と感じたら、仕事内容によってはクレーム対応のないものもあるので、そういうものを探してみるのもいいかも。

はじめは時短のシフトで入って慣れてきたら長くしたりと、無理のない範囲で働けるのも、コールセンターのいいところだと思います。

 

スポンサーリンク