試食販売のブラック度は? 実例から

2018-04-22

大手スーパー不人気店は、パワハラが横行?

どんな会社にも花形部署があるように、スーパーにも花形店舗があります。新規オープンやリニューアルして大々的に宣伝している店舗、モール系にある売り上げ上位店舗などは、働いている人も出世街道のど真中を走ってるイメージ。試食のマネキンさんにも親切で余裕があります。

反対に不採算店、閉店がネット上でウワサされている店舗は、バックヤードもブラックな人が多いように感じます。

マネキン同志で世間話をしていると、ブラック店舗の話が出てきますが、だいたい同じ店舗の同じ人です。5チャンネルなどの掲示板を見ると、同じ店舗が話題に出てたりします。人事異動などがあれば店の雰囲気も変わると思うのですが、なぜかブラック店舗は後任者もブラック…その理由は…わかりますよね。
 


・「なんで売れないだよ、売れるまで帰るなよ」 BY 埼玉大手スーパー 鮮魚主任

怒った声でいえば、一発でパワハラになってしまう、この言葉。鮮魚のおじさまは笑いながら、自分の母親ぐらいのマネキンさんに言ってました。残業は通常の日当に追加して残業代が出るんですが、これは自己申告。次の仕事がなくなったら…と売れないときには申告しない人もいるんです。この言葉を言われたベテランのマネキンさんは、受け流して、定時に仕事をやめてました。当たり前です。

・「知らないよ、聞いてないよ」 BY 神奈川大手スーパー デイリー主任

「おはようございます。宜しくお願いします」と朝に挨拶しても答えもない。しかたなく、試食に出す商品を陳列棚に探しに行くが、商品がない。聞いてみると、上記の答え。これは私の例です。こういうときには自分でなんとかします。倉庫で商品を探し、売り場に運びます。売り場いるベテランパートさんに事情を話し、陳列場所を探してもらいます。こういうときは、主任に聞いても、ぶつぶつ文句を言われるだけなので、他のスタッフさんに頭を下げて聞きながら、自分で場所を作るしかないです。

・「前のマネキンのほうがよかった」 BY 炉内スーパー 精肉主任

土日で同じ商品を試食販売するときは、土曜と日曜で違うマネキンさんが入ることも多いです。土曜がベテランさんで日曜が新人さんというケースも。以前、ハムの試食で、日曜に入った新人さんが、ことあるごとに上記のセリフを言われてました。土曜のマネキンさんはベテランだったので、指示書にあるメーカー以外のハムも、スーパー担当者さんの依頼で試食に出してました。同じような融通力が日曜の新人さんになかったのが不満だったのだと思いますが、そうした言動って、店にいるお客さんも見てます。担当さんはマネキンに文句を言えば言うほど、売り上げが減っていくのがわからないのかなぁ。

 

スポンサーリンク