コロナ大不況が受験に与える影響って?インターエデュを見て

下世話な好奇心から東大合格速報をインターエデュでチェック。ついでに掲示板を見てみると、複数の「新型コロナがお受験や中学受験、大学受験に与える影響を考える」スレッドを発見しました。実際はどうなんでしょうか。調べてみました。

新型コロナ不況が幼稚園・小学校受験に影響するか?

個人的には影響ないと思います。有名小学校受験は結婚するときの相手選びから、出産する産院から始まってます。

「僕と結婚するなら、子どもは幼稚舎に。親戚全員がそうだから」

そう彼氏に言われた友達がいて、結局、別れたそうです。親族からのプレッシャーがきつく、子どもが名門小学校に入学できなくてうつ病になってしまった人もいます。

基本的に、親族全員お金持ちの人たちが有名小学校を目指すので、不況になっても、それほど合格者の顔ぶれに変化はありません。

ただし、どの学校でも「新規枠」があります。有名人の子どもだったり、IT長者の子どもだったり、普通の家庭だけど特別優秀な子どもだったり。この枠は少し入りやすくなるかも。

新型コロナ不況が中学受験に影響するか?

中学受験は小3の2月から通塾です。今の5年生が受験を辞めるとは思えません。ただ、いまの小3の子たちは迷うでしょう。

高校は助成金が出し、高校受験では入れる私立も少ない、ということで多少無理しても受験してしまう家庭もありそう。

変わるとすれば、塾代を削る家庭が増えるかもしれません。大手塾と家庭教師を組み合わせて難関校を狙うより、格安な塾を利用して無理なく入れるところに入るとか。

新型コロナ不況が高校受験に影響するか?

私立高校実質無償化で私立人気が高いですが、今後は公立にシフトするかもしれません。実際、大学受験は私立に通っても塾を+しないと希望大学には入れません。学費と塾代をダブルで払うのなら、公立で…と考える家庭も増えそう。

ただ、今もV模擬偏差値55以上の都立高校は高倍率です。人気が落ちているのは中堅以下の高校なので、その傾向に変わりはないかも。

新型コロナ不況が大学受験に影響するか?

一番、影響があるように思います。まず、これまで多くいた中国系韓国系の私立大学生が今後も来るのかどうか。

大学受験を避けて推薦やAOで進学先を決めてしまう子も今年以上に増えそうです。早稲田を狙ってた子が中央に、中央を狙ってた子が日大に…といった。

浪人リスクもなくなるし、受験費用も直前の塾代も必要ない。

不況下の受験は?

基本的に面倒見のよい私立でも大学受験があるなら塾は必須です。高校からはほとんどが塾に入ります。付属校も家庭教師や個別に通っている子が多いです。簡単には大学に上がれません。

では、全部公立はというと、向き不向きがあるというか。地域によっては公立を避けたい人もいるだろうし。

個人的には、楽観的な気質なら、私立でも公立でも、どちらに進んでもなんとかなると。お金がなければ働けばいいし、切り詰めればいいです。
悲観的な気質なら、お金のかからない公立がオススメ。お金に余裕のある家庭と比べたり次々と来る請求書に怯えたりしないですみます。

私立と公立の大きな金銭的な違いって、こまごまとした出費が多いことです。同じ場所への修学旅行でも公的な補助のある公立と親力だけの私立では値段が違います。そんなとき、「気にしない、私立だから仕方ない、良い教育を受けている」と思えるかどうかも。

スポンサーリンク