教育委員会の怠慢?3月2日は都立高校合格発表日 試験は2月21日なのに…

2020-03-02

今年、身近に中3の子がいて、都立高校受験の内情について知りました。驚いたのは、受験日から合格発表までの長さ…なぜ、10日も!!

神様も驚く、通例遵守。早く結果が知りたいよね。

2020年 都立高校入試スケジュール等

入試要項などは数年たつと変わるので、最新の情報を得ることが大切。ネット上には古い情報も多いので、教育委員会の公式ページをみるか、受験ガイドを確認するのが一番。ここではあえて書きません。詳しく知りたい人は、下記サイトがわかり易いです。

中学受験 高校受験 パスナビ

https://chukou.passnavi.com/

2020年のスケジュールはこんな感じ…

個別指導塾のサイトから転記しました。 https://www.plusgym.jp/blog/entrance_exam2019/

●推薦入試
【入学願書受付日】 2020年1月22日(水曜日)
【 実 施 日 】 2020年1月26日(日曜日)・27日(月曜日)

【 合格発表日 】 2020年1月31日(金曜日)
●一般入試(前期)
【入学願書受付日】 2020年2月5日(水曜日)・6日(木曜日)
【 実 施 日 】 2020年2月21日(金曜日)

【 合格発表日 】 2020年3月2日(金曜日)

面接がある推薦入試は26日試験で31日発表の中4日
一般試験も実は、2月21日試験で3月2日発表で中4日

都立入試受験から発表まで10日もかかる理由は?

某サイトに書き込まれていた情報によると、土曜日曜祝祭日を除いた平日4日で採点するとのこと。

試験日当日⇒答案を金庫に保管

1日目⇒採点

2日目⇒見直し(ダブルチェック)

3日目⇒合格者会議

4日目⇒調整

間違いのないよう慎重にするので時間がかかるとのこと。

でも、ほんとう?

昔は手書きの答案だったけど、いまはマークシート。自社作成高校だって、マークシート併用にすれば人間が採点するところは少ないはず。

また内申点の計算が面倒という書き込みもあったけど、コンピューター使わないの?自動計算なら一瞬でしょ?と思いますよね。

もし、私立だったら…3日後には結果出せるはず

だってね。

  1. 事前に調査書をスキャン、内申点を自動計算
  2. 当日、マークシート答案を採点
  3. 1日目、手書き部分を採点(ダブルチェック)
  4. 2日目 合格者会議
  5. 3日目 調整日

たった、1日の短縮だけど、土日に仕事しない(採点しない)のであれば、この1日が重要になるはず。

例えば、今年のスケジュール

2月21日(金)都立入試
2月 22日(土)休み
2月 23日(日) 休み
2月 24日(月) 休み
2月 25日(火) 採点1日目
2月 26日(水) 採点2日目
2月 27日(木) 合格者会議
2月 28日(金) 調整
2月 29日(土) 休み
3月1日(日)休み
3月2日(月)発表

が、こう変わる…・
2月 25日(火) 都立高校入試 (採点1日目)
2月 26日(水) 採点2日目
2月 27日(木) 合格者会議
2月 28日(金) 調整
2月 29日(土) 休み
3月1日(日)休み
3月2日(月)発表

それでも、どうなの?っていう長さですが。
手書きの答案を人の目でチェックという時代ではないのだから、

教育委員会の方、なんとか入試日から合格までを短縮してほしい。
民間だったら、すぐにできると思うのに。で、1年に一度のことだし、日曜休みはいいとしても、土曜も採点しませんか。働き方改革に反するとは思うけど。

スポンサーリンク