失業保険給付でプチ引きこもり状態に…社会復帰を目指さないと

失業保険給付もあと3か月。そろそろ仕事を本気で探さないと。思っていたより給付額も多く、失業保険のありがたみを日々感じています。

毎日が夏休み状態…まあ、介護が始まったので、そういうわけにはいかないけど。

失業保険給付生活はどう変わったか。

それまでは朝起きて、洗濯を回し、朝ごはんを作り、子どもを起こし、送り出し、部屋の掃除をして、おばあちゃんに声掛けして、仕事に行き、仕事帰りに買い物をして…という生活でした。

しかし、今は、朝起きて、朝ごはんを作り、子どもを送り出し…以外の仕事はいつやってもいいわけです。洗濯もお昼ごろになってしまうこともあれば、掃除だって午後になってしまったり、日よっては外に出ないこともあります。

時間がいくらでもあるのでブログを書こうと思ってましたが、変に収入が増えても面倒かなぁと自堕落な考えが頭に浮かび、こちらの更新も滞りがち。

結論を言えば、ただただ引きこもりの堕落した生活になっただけ。

月2回の就職活動さえ重荷に

給付がある限りはあまり働きたくないモード。最初のうちは求人を探していましたが、次第に向きが変わりセミナーに参加するようになりました。

介護のセミナー、履歴書の書き方のセミナー、面接のセミナーといろいろあります。私のような不届きものでない、本気で再就職を考えて参加している人も多いようです。

しかし、今は売り手市場。講師の先生の会話には「昔は求人倍率が1倍以下だったので…」という言葉が随所に入ります。

介護・ドライバー・テレオペ…

とりあえず、この3種類はすぐに仕事が見つかりそう。ただ、ハローワークの仕事は安いです。同じ職場でも。

例えば、デパートの催事は時給1050円。8時間働いて交通費が入って9000円です。マネキン会社を通すと12000円から15000円ぐらいになるので、同じ仕事なのに、と不思議になります。

さて、結構、記事が空いてしまったのは、家がバタバタしていたからです。いよいよ介護が本格化しそうで、失業保険が終わったら、仕事しながらの介護となりそうです。

スポンサーリンク