アラフィス初めての失業保険④給付2回の感想

思えば失業保険を給付できるタイミング、若い頃にもあったんですよね。面倒だとか次が決まってるからとかで申請しませんでしたが、次が決まっていても申請後に就職であれば給付があるので、失業保険は申請すべきでした。知らないで損することって多いです。半年勤務でも給付があるなんて知らなかったし。

失業保険は申請すべきだと。当たり前ですが。

親が自営業だったりフリーランスの友だちばかりだったりすると、失業保険って身近じゃないので、「面倒だし、下りないし」と申請を諦めてる人もいるかと思いますが、6か月以上働いて雇用保険を払っているなら、申請できるか聞いてみたほうがいいです。

急いで働く必要がないのであれば、途中で数日バイトすれば、もらえる期間が延びます。(180日給付であれば、バイトした日を除いて180日給付されます。ときどき日払いで働いて7か月ぐらい給付を受けることも可能です)

給付額は7割から8割だけど、よく考えれば全額?

私の場合、派遣社員で時給で働いていました。交通費は別です。他にも厚生年金などいろいろ差し引かれます。

失業保険の場合、交通費はかかりません。たとえば、月20万の月給があって、交通費や年金、保険などをひかれた手取りは17万だとします。

失業保険の給付が16万だとすると、交通費1万円かからないので、実質17万。これまでの手取りと同じ。私の場合、国民年金は失業保険期間は免除なので、ここから国民年金の金額を引いて、16万。しかし、来年の確定申告で失業保険の給付額は収入にならないので、総収入が減り、来年度の税金が変わります。

我が家の場合は、子の就学支援金の金額が変わったりと、かなり恩恵があります。

2回の求職活動はそれほど面倒じゃない。

就職前提の失業保険なので、月2回の給食活動が義務ですが、それほど面倒でもありません。「ハローワークで他を紹介してもらうと面接したりお断りしたりと面倒」という声をよく聞いてましたが、セミナーに出たり相談したりでも1回になります。「こんな仕事を探しています」「こんな資格が取りたいです」との相談でも1回。また、30分程度のセミナーに参加したり講演会を聞いても1回です。ハローワークにはセミナーの案内が多くでてますので、気に入ったものに申し込みをすれば、OKです。

ただし、手ごろなセミナー(ちょっと有名人が出てきて少し話す)はすぐに埋まってしまうので、見つけたら即申し込みが必要。

基本、ハローワークの人は、給付してくれる方向で考えてくれる

失業保険の認定に行くと、「え、働きなさいよ」と言われそうと怯えてる人もいるかもしれませんが、基本的には「失業者目線」で考えてくれます。

介護や育児、病気などで急に働けなくなった場合は、勤務6か月でも給付がでるので、相談だけでも行くべきだと思いました。

失業保険をもらっての生活は…

☆ただし、家にいる生活なので、ダレます。家のなかも働いていたときのほうが綺麗に掃除していました。ダレるんですよ。

このページの更新もすっかり怠けているし。他にあれやろう、これやろう、と考えていたことも、全くできていまぜん。

怠け癖のある人は、働かなくても収入があるので、より怠けるという。

スポンサーリンク