台風19号と都内UR賃貸ー結局、被害なしだけど、備えて準備はしました。

これまで経験したことのない大型台風と言われた台風19号。風速60メートル強の暴風雨が予想されていました。これまでは戸建てに住んでいたので、マンションで大型台風は安心感がありました。築年数のあるUR賃貸、さてどのぐらい揺れたかというと…

台風19号を迎える準備

駅近くのUR賃貸なので、スーパーやコンビニ、24時間の店舗も多数あります。古くからの金物屋も多くあり、あちこちで売り切れていた養生テープも手に入りました。養生テープはツイッターで売り切れ情報が出て居たので、万が一購入できないことも考え、アスクルでも注文。

台風当日、駅前のコンビニは開店していました。従業員なしでオーナーさんらしき家族だけでの開店でしたが、ひっきりなしにお客さんが来ていました。パンや水類も入荷されていて、品数も豊富に。

購入したもの

10月11日台風2日前

  • 100円ショップでLEDライト
  • 100円ショップで チャッカマン
  • 100円ショップで 割りばしと紙コップ
  • 100円ショップで 電池
  • 100円ショップで アルミのレジャーシート
  • スーパーでカセットコンロとガスボンベ
  • スーパーで 水とカップ麺
  • スーパーで 食料品

10月12日台風1日前

  • 金物店で養生テープ
  • アスクルで 養生テープ
  • スーパーで水買い足し
  • スーパーで 食料品

10月13日台風当日

  • コンビニで 食料品 と石鹸など

台風19号を迎える準備はUR賃貸管理側でも

巨大台風が関東を直撃するとわかった前々日ぐらいから、庭の手入れが始まりました。茂った枝を切ったり紐で結んだり。外にある飛びそうなものを倉庫にしまったりも。自転車置き場で管理人さんたちが何やら話しているのも目撃。かなり、細やかな対応があったと思います。

台風当日、窓ガラスに養生テープはありませんでした。窓ガラスは頑丈なんだな、というか、あまり重要でないのだと。

テレビでも紹介された有名な動画です。

当日、エレベーターで挨拶が繰り返される

台風が来るという日、これまでは会釈ぐらいだった他の住人やお父さんたちと少し会話を交わすように。といっても、おはようございます、ぐらいですが。

万が一、停電、断水となれば、同じマンションの住人で助けあう局面も出てくるので、少しでも親密に、という空気です。

周囲は養生テープを貼っていない家がほどんど

窓から外を見ると、養生テープ類を貼っている家は1割程度。うちはせっかく購入したので、養生テープと段ボールで窓を補強しましたが、夜中12時過ぎに風が収まったのを感じて、はがしました。

養生テープを使った感想しては、値段で物が違いということ。高いものはそれなりに使いやすく、値段が安くなると使い勝手も落ちます。また大型台風が来ることがあったら、100円ショップものと金物店ものを使い分けるかも。粘着力も安心感も全然違うんでびっくりしました、養生テープの品質、いろいろです。

UR賃貸で大型台風を経験して

ほぼ建物は揺れませんでした。窓もテープで補強していたせいか、ほぼ揺れなし。水道も電気も止まらず、水の逆流もなく。台風が過ぎ去ったあとには、使わなかったLEDライトとカセットコンロ、残った養生テープが。次に備えて取り出しやすい場所にまとめておくことに。

お風呂に貯めた水で洗濯をし、ペットボトルに入れた水で食器を洗い、トイレ逆流防止のためにビニール袋に入れた水に洗剤を入れてコンロを洗い、いつもより余計に炊いたご飯をおにぎりにして冷凍し、無駄に購入したレジャーマットを倉庫にしまって、元の生活に戻りました。

UR賃貸でよかったこと

窓が割れれば引っ越せばいいし、台風被害が大きければ引っ越せばいいし、という安心感がまずあります。

その上で、内廊下で非常に安心できたこと、管理がしっかりしているので台風前、台風後の対応に不安がないこと、住人が程よくドライで個で対応できること、など感じるメリットは大きかったです。

URだからという理由ではないのですが、管理の行き届いた賃貸マンションはやっぱり便利。災害時の持ち家戸建ての大変さに比べると、気分が楽です。

スポンサーリンク