うっかり失効⑩ 本免学科試験の心得

2018-04-20

本免学科試験のチェックポイント

 

ルーチェさんにもらった学科テキストとネット問題集「しかくん」だけで受かる人もいると思います。実際にそういう人の体験談も聞きました。勉強慣れした人ですね。本免試験は、85点までは常識問題。合格までのあと5点取れればというイメージ。一夜漬けでも運が良ければ、受験のツボを知ってる人であれば、一発合格できる試験です。

しかし、私の場合は、3回も落ちました。

 

落ちた理由

 

紙ベースの対策テキストを購入しなかった。これは大きいです。結局、ネットでは同じ傾向の問題ばかり。テキストも漠然と見ていたので、テストのポイントを外していました。

バイク問題ができなかった。100点中10点ぐらいがバイク問題(試験場で知り合いになった男の子情報)。アクセルがどうとか、ブレーキがどうとか、バイクに興味のない私には、まったく意味不明。

最新の問題集を購入しなかった。言い回しが最新のものと少し古いもので違います。できるだけ新しい問題集を購入することが大切。ネット購入の問題集でOKですが、鮫洲の売店や駅前でも販売しているので、うっかりに気が付いて最初に鮫洲運転試験場に行くときに購入するのも手。

 

 

合格する前の週末にしたこと。

 

・学科テキストの音読、学科テキストと同じ文章が出ることが3回受験して、ようやくわかったので、文章のいいまわしを覚えることに。

・3回落ちた時に覚えた問題をネット検索して、ヒットした問題集をダウンロード、100点をとれるようにやり直す。教習所によっては問題集をサイトに乗せています。最新の問題を載せていた教習所を見つけて、そこの問題で練習しました。(ここから書籍を購入するのは…と意地になり→本当は紙ベースが王道です)

・細かな数字も覚える。もうね、100点取るつもりで覚えました。

 

 

 

4回受けると同じ問題が何度も出てきます。教科書の一文と全く同じ文章なら〇、右と左、前と後、早いと遅いなど、ひっかけ問題は文章の細かなところが異なっていることが多く、そういう場合は当然ですがが×を選択します。

 

今回受けてよく出た問題

 

  • 駐車と停車に関わる問題(路上駐車のルールも)
  • 一時停止と徐行
  • 進入禁止のマーク
  • 自転車関係のマーク
  • バイクに乗るときの姿勢。
  • バイクのブレーキのかけ方(前輪と後輪)
  • 車の乗り降り
  • けん引の条件
  • 最高速度
  • バスの優先道路

などでした。

バイクの問題は別として、それ以外は、路上試験で知識として必要なものばかり。結局、本免試験は路上で実際に運転するときに、迷うポイントが試験になってます。原付免許もついてくるので、バイク問題が多いのも、原付を運転するときのため、と思えば納得。

 

 

数人のサンプルしかありませんが、一夜漬けで筆記を合格した人は、路上で苦戦する人が多かったです。一時停止と徐行の違い、停車できる場所、自転車やバスはいたときの運転方法は、路上試験で合格できるかどうかの決め手となるところなので、しっかり覚えておくと、路上の試験がが楽になります。

私は路上は1回で合格したんですが、あとから考えると、ここで苦労したからかなぁとも。

まあ、でも2回ぐらいで受かりたかった。27日午後と30日が余計でした。27日落ちた時点でじっくり対策して、翌週に受ければ4400円使わずすんだのに…。

 

まだ、続きます。

スポンサーリンク