石の上にも三年はアラフィフパートに当てはまらないから、PTA役員スキルを武器に転職します。

10年どころか3年も厳しい。3年我慢して何かのスペシャリストに慣れればいいけど。単なるアシスタント業務の場合、早めに見切るのも大切だと。マルチタスクを覚えたとしても、3年後には使えないと思うから。

次の仕事は決まってないけど、ブラックに我慢しないで、就活始めました。

そんなのブラックじゃないよ、という人もいるかもしれませんが、我慢できなかったのは事実。ただ、仕方ないと、風当たりが強くて当たり前と思う気持ちもあります。派遣先の公式サイトを見てみると、パート募集は時給1100円。私がもらっていたのは、1700円。しかも会社が派遣会社に払っていたのは時給3000円以上。

パート社員の3倍は働いてほしい、という正社員さんの気持ちはわかる、だけど、本当に3倍の仕事を振られてもできないです。

募集サイトを見ていると、まだまだ仕事があります。派遣先から紹介されたところでなく、他にしようと思っています。ハローワークにも行ってきました。母子家庭を採用すると最大で60万円の助成金が企業に入ります。

また、キャリアアップ助成金とか、〇〇助成金とか、私を採用すると様々な助成金の対象となるので、どこかあるのでは、という目論見。

事務職社員の二極化を知る

事務職でずっと働いている人って、ワードおエクセルも関数もパワポもバリバリできて、PC得意で…というイメージありましたが、そんなハイスペックな人は本当にわずか。

同じ仕事だけをしている人は、その業務に必要なスペックしかないので、驚くほどPCが使えないことも分かりました。

今まで、エクセルもワードもパワポも趣味レベル、と思っていたけど、事務職では働いてみると、わたしよりできない人がたくさんいます。

私がどこでPCスペックを磨いたかというと、PTAで…

今となっては、やっててよかったPTA!

以前にPTAで書記的な仕事をした人が、そのあとに事務職で就職したという話を聞いたことがあります。

今回、なるほど、と思いました。

PTA役員になるような人って会社では高スペックだったのに子どものために仕事を辞めたという人が多く、今思えばかなり高度なことをやってたんだな、と。もう10年ぐらい前にPTAで覚えたPCスキルが今になって役立っています。

というか、PCのスペックってこの10年ほとんど進化していない…スマホやタブレットに押されて、PC触らない若い世代も増えてるし。

次の仕事は、少しこれまでと形態を変えて探しています。うちは母の収入があるのでブラックで疲弊しなくていいので、ありがたい。

けど、母の収入がなかったとしても、辞めてたかも。スーパーの試食販売を再開してもいいしコールセンターは慢性的な人手不足だし、無理に事務職にしがみつくより…と思った今回。しかし、事務系って人気があるだけに、思っていたより大変。

スポンサーリンク