ストックスピール 京都有名大学生が女性をだまして風俗へ

声をかけた女性をだまして、バーに連れていき、多額の借金を負わせて風俗へ。会員制クラブで1人80万からの借金…

地方出身の風俗に売れそうな女の子を物色…恋愛心理につけこんで

いやな話。

AKBグループの暴行未遂と同じ匂い。基本的には、ホストが女の子をだますのと同じなんだけど、相手が「知ってる学校の学生」だから悪いことはしない、という思い込みがあるから。

例のいなぷうと呼ばれる人が立教大卒とうたっているのと同じ。

このグループは背後に暴力団がいないとのこと。たんにお金儲け。ITで儲けるか株で儲けるか女をだまして儲けるか…たぶん、その違いがわかっていない。

女性を物としている優等生男子

いい大学に入れるってことは、今の時代、それなりの投資がされていて親の援助もあるということ。

そんな男子がふつうの女性を風俗に落とす。

どうするとそんな大学生が育つかというと、慶応のレイプ問題とかAKBのレイプ未遂とか、今回の事件とか、おなじ根っこですよね。

むかし 村上龍の小説に…

もうタイトルは忘れちゃいましたが、20代の頃に読んだベストセラー小説。

友だち同士の女の子2人に、1人は性的な虐待を、1人には何もしないで称賛という場面がありました。

登場人物の男性は2人を自分なりの価値観で2人の女子を右と左に分けたわけですが、それと同じようなことが、小説でなく現実に起こっているように思います。

ハンサムでたぶんお金持ちの家に育って、しかも有名大学の男のコが女性をものにしたいと思う、しないと満足できない、その心が怖い。

スポンサーリンク