パワハラ夫と無言妻にたびたび遭遇 離婚しない理由とは?

2019-01-02

年末年始、会社がないこともあって街に出かけることが多かったので、目についたのかもしれません。パワハラ夫。

実例1 空港で見かけたパワハラ夫

「お前はデブなのに、なんで食べものばかりを土産に買うんだ」

「誰の土産をかったんだ、あんなに金をつかいやがって」

「空港で使う金がないだろ、頭がないのか」

格安航空券をゲットして出かけた海外旅行で、見かけたご夫婦。一方的に夫が妻を罵倒しています。

身なりはいいので、お金はあるんだと。

罵倒の内容から察するに、こういうことをいいたかったよう。

「現地のお金を土産で全部使い切ったが、空港でも現地の金額が使えた。お前が全部使わなければ、ここでいろいろ買えたのに。なんであんなに無駄なものを買うんだ!」

聞き苦しいよ、周りを不愉快にしていることに気づいてほしい…

実例その2 地下鉄エレベーターのパワハラ夫

高齢の知人夫婦に付き添って出かけた帰り、杖を突くご夫婦に付き添ってエレベーターに乗りました。他にはベビーカーとだっこの子供を連れた4人家族。すでに7人乗っています。ここに乗り込んできたのがパワハラ夫。

「つめればのれるぞ」

「なんでのらない、デブだからか」

「乗れよ」

「なんだ、ベビーカーがあるのか」

「デブでも乗れるはず、のれ」

知人夫婦は腰が悪く、その腰をぐいぐい押して乗り込もうとする男性。エレベーターの近くにはエスカレーター。そんなに元気がいいのなら、エスカレーターに乗ればいいのに。

なんども無理くり乗り込んで、なんとか乗れて改札にあがりました。場所的にこれから初詣だと思うんだけど、まずは善行を‥

パワハラ夫の妻に聞いた離婚しない理由

だいたい、というか、ほぼお金です。パワハラ夫のほとんどは世間体を気にして離婚には合意してくれません。また、何をいっても耐える妻は絶対手放したくないのがパワハラ夫。

離婚するのは、逃げ出すしかないんですが。となると、慰謝料や養育費はもらえない‥。

「1分でも長く生きて、遺産を使う」

というのが、パワハラ夫と暮らす妻が必ず言う言葉。塩分の多い食事とか高カロリーな外食とか、炎天下のゴルフとか、結構、妻も頑張ってますが、こういう旦那さんは長生きするので、要注意!

スポンサーリンク